食を通じた教育は素晴らしい

未来につながる教育を 人には好きな食べ物、嫌いな食べ物があります。特に幼少期には嫌いな食べ物が多く、特に野菜が嫌いという子供達は多いはずです。しかしながら中には食べたこともないのに、見た目が嫌で気嫌いしている子もいるし、何と無く嫌いという場合もあります。ただそんな子達でも、農作物を育てる体験をしたことにより嫌いな野菜を食べられるようになったりする場合があります。特に幼稚園や保育園に入園し、収穫などの体験をする機会が増え出してから、お友達と収穫出来る楽しさや、作物が育つことの喜びや、上手く育たなかった時の悲しさや大変さを経験してから、食べ物への愛着が湧き、大切さを知り、食べようという気持ちになるようです。

これは一つの教育でもあります。普段スーパーで手に入るようなものが、こんなに大変な思いをしなければ出来ないもので、素晴らしいものだという事を知る機会になります。作った人への感謝を忘れないように、また食べられることの有り難みを感じられるようにするには、やはり食べ物を自分で作るという経験が何よりの教育だと思います。育て、収穫し、自分で食べるというのは家庭菜園など身近なところでもできるわけですから、ぜひ家庭でもしてみるといいかもしれません。

オススメサイト