食育をする教育の増加

未来につながる教育を 現代社会の教育では英語といったことが多いですが、英語以外にも食育という食べ物に関することを教育に取り入れる学校が増えているようです。そんな食育は具体的にどんなことをするのかといえば、さつまいもやトマトなどを校庭の畑に種を植えて育てることから始まります。この時の食育では周囲の児童と協力をしながらすることも教育の一つで、役割分担をしてみんなと協力をしながら食べ物を育てる大切さを学ぶことができます。また食べ物を育てるときには簡単には育ちませんので、その育てる時の難しさも学ぶことができ食べ物を大事に考えるようになります。

そしてこの食育では自分たちで育てた野菜を調理するのも教育で、種から植えた野菜を火をつかって自分たちで調理することができます。今の子供たちは便利な世の中で生活をしていますので、火を使うこともないですし自分で調理をすることも少なくなっているようです。そこで学校の食育の時間には自分たちで育てた野菜をお味噌汁にしたり、白いご飯にあうメニューを調理することで食べ物のありがたみを学ぶこともできます。食の安全が問題視されている世の中ですので、小さな子供のうちから食べ物のことを学ぶことは大事であるといえます。

オススメサイト